家づくりで大切にしたいこと。
 
 
私たちは設計と施工が好きで、建主さんご一家が喜ぶ姿を見るのが嬉しくて、仕事をしています。自然に対し閉じてしまう家よりも、太陽の恵みをうまく取り込み、自然と共生し、工夫しながら受け入れることの出来る家、お庭の緑も身近に感じられて、家と一体になって「住まい」を形作るような、そんな家が好きです。建主さんのお話をじっくり伺い、設計に時間を掛けた家づくりをご一緒にしませんか!

「カッコいい」でなく、「落ち着ける」家が好きです。

例えば、大きな吹抜けがある広々とした大空間だったり、柱や梁など構造材がむき出しの力強い空間だったり、生活感の全く無い、張り詰めた綺麗過ぎるコンセプチュアルな空間だったり、パッと見た時には、お~っ!という強烈なインパクトはあるのですが、そこで長い時間過ごした場合、はたして落ち着くのかなぁ・・・、居心地はいいのかなぁ・・・といつも思います。 

そういう「カッコいい」家じゃなくて、「落ち着ける」「取り立てて目立つところは無いけれど、つい長居したくなる」「ホッと出来る」、そんな家が好きです。

古くなって良くなる、エイジングを楽しめる家が好きです。

 

「新しい時の良さ」というのも、もちろんありますが、どこか自分のものになっていない、「借り物の居心地の悪さ」が付きまとうのも事実です。ある程度以上の時間が過ぎて、ようやく、ここが自分達の住まいだ、と感じられるようになった頃、時間の洗礼を受けて「味」が出てくる、そんな建物がいいなぁ、と考えて材料を選び、仕事をしています。「古びる=古美る」家を目指します。

大きな屋根で守られている家が好きです。

 

雨の多い、夏の日差しも強烈な日本の天候から建物と生活を守るという意味でも、大きな樹に守られている、というような精神的な意味でも、帰って来る人、訪ねて来る人をやさしく迎え入れるという意味でも、軒の出がしっかりとある、大きな屋根で守られている家が好きです。防水技術が進んでも、空調技術が進んでも、大きな屋根が建物の基本です。

廻りへの迷惑を最小限にとどめている家が好きです。

 

建物は出来てしまうと長い間そこに在り続けることになります。自分達が快適に生活を送れることはもちろんですが、まわりへの迷惑も出来るだけ抑えたいところです。建物の高さを低く抑える、北側いっぱいに建物を建てない、近隣に緑を提供する等、最低限のマナーが守られた家が好きです。

愛着を持って、手入れしながら使い続けられる家が好きです。

 

メンテナンス無しでいつまで経っても新しいまま、なんていう家はありません。必ずメンテナンスが必要です。メンテナンスをするためには、将来にわたってずっと手に入る材料で作ってあるべきで、最近、流行っている新しい材料とか、毎年のように品番が変わってしまう材料は避けたいところです。
また、お手入れしながら大切にしよう、という気持ちになるためには、その人が、その物に愛着を持っていることが必要です。そういう意味では、「愛着を持てる家」も目指します。

顔の見える関係の職人さん達との協働でつくる家が好きです。

 

建物は一人でつくることは出来ません。設計図をもとに、いろいろな職人さんのチームワークで形になっていきます。なので、同じ設計図であっても、それに係わる職人さん達によって必ず違いが出て来ます。それは、同じ曲でも歌手が変われば、違う雰囲気の歌になったり、同じ脚本でも、演出やキャストが違えば全く違う映画になるのに似ています。そういう意味で、設計と施工に一貫して携わり、いつも気心の知れた職人さんと一緒に考え、建物をつくっていくことは、間違いないものをつくるためには大切なことです。

自然の恵みを最大限、取り入れる家が好きです。

 

これからつくる建物を考えたとき、自然の恵みを取り入れる工夫を考えることは当然なことです。風の流れを考えたり、太陽熱を取り入れたり。その一つの工夫がOMソーラーです。太陽から降り注ぐ熱を屋根で受け止め、冬は床暖房、春から秋は、お湯も作れます。詳しくは、OMソーラーのホームページをご覧ください。